×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語学習を楽しんで苦労なく行うためには・・・・この英語耳養成プログラム英語学習ソフトが助けになります。

注文 |  特商法による表示 | 注文がうまくいかないとき


あなたは自由に英語を話せますか?
もしそうでないならば、英語を聞いて理解したり、自由に話したり、読んだりしたいと思いませんか。

英語を自由に話せ読むことが出来るならどんなに素晴らしいか考えたことがあるに違いありません。

たとえば英語が自由に話せるなら







と言った可能性が開かれるのです。

とはいえ、一般に日本人は英語を話せません。中学校、高校、さらに大学で幾年も学んでも、片言の英語さえ正しく発音できないのです。


英語を話せるという日本人でさえ、英語を話すのを聞いているなら、日本語英語と言っても良いようななまりのある発音がなされています。
どうしてそのようになってしまうのでしょうか。

日本の英語教育が間違っているのでしょうか。

何か英語を習得する良い方法があるのでしょうか。

日本人であるという理由だけで英語を話せないと言うわけではありません。実に上手に話しておられる方も多数存在しています。

日本人が英語を話せるようになるための最善の方法があります。
それは留学、あるいは英語を話す環境の中で生活することです。

ここに英語を習得するための秘訣があります。

留学は英語を学ぶ最善の方法とはいえ、留学をしたり、外国で暮らすということは大半の人にとって現実的ではありません。

日本に居ながらにして英語を習得するにはどうすればよいのでしょうか。





子供たちがどうして日本語や英語を話せるようになるのかを考えるとき、英語学習のヒントを得ることが出来ます。

子供達は文法から学ぶでしょうか。
決してそうではありません。

子供達は親や友達の話す言葉を聞いて母語を学んでいきます。


それなのに学校では文法が重視されます。
ここに根本的な間違いがあるといえないでしょうか。

留学、外国で暮らす、子供達が言語を学ぶ過程を考える時共通するある項目を見いだせます。

それは聴くことです。

誤解しないで下さい。単に英語を聞けばよい と言うのではありません。 聴く つまり 英語の発音をよく聞き取り、その違いを理解し、その意味を把握することが大切です。
もしその意味を理解できないなら 英語をいくら聞いても私たちは英語を話せるようになるわけではありません。

ですから、ながらで英語のラジオ放送を聴いていたとしても、それを理解できないなら、たとえ長時間聞いていたとしても、英語を理解し、話せるようになることは難しいといえます。

どうすればよいのでしょうか。

小学校で日本語を学んだ方式を英語に当てはめるならその答えを得ることが出来ます。

わたしたちは日本文を見ながら朗読し、その意味を教えられながら学んだのではないでしょうか。

そうです。
英語も同じ学習法法が役立つに違いありません。

目で英文を見ながら、その意味を理解する。それを実際に耳で聞き、発音してみる。
 
この方式を繰り返すことです。

学校でもこの方式を取り入れるなら飛躍的に学習成果を向上させることが出来るはずです。

どうしてあまりこの優れた方式を採用しないのでしょうか。

残念ながらネイティブな英語を話せる教師がいないのです。
教えたいと願っても、正しい発音を子供達に教えることが出来ません。



生まれつき音楽的な才能があっても、音痴な人に教育されるなら音痴になってしまいます。
それと同じことが英語教育でも起こっています。
以前は正しい英語を話せる教師も少なく教材も多くありませんでした。
そのため多くの英語教師は貧弱な英語教育しか受けていないので、残念ながらネイティブな英語を話せません。

また受験競争の被害者になっているとも言えるかも知れません。
受験では会話能力ではなく、文法等の知識が要求されるからです。

英語を満足に聞き取れる力もなく、ましてや話すこともおぼつかないのに、テストでは高得点をとるのです。
これが大半の日本人が置かれている状況です。

しかしあきらめるには及びません。

私たちはその問題に答えるべくこのソフトを開発しました。





実際にアメリカ人が朗読しているネイティブな発音を聞くことが出来ます。
聴くスピードもゆっくりと時には早く聞くことが出来ます。 (朗読データはMP3形式で提供されます。 メディアプレイヤーの場合最高速度16倍 実際4倍速が限度でしょう 2倍速程度がふさわしいかと思います)
メディアプレイヤーを持っておられない方は下記より無料でダウンロードできます。
メディアプレイヤーダウンロード
文章も英語と日本語を併記していますので英文を理解しながら英語を聞くことが出来ます。

しかも英語のみ表示、日本文のみ表示、両方表示、ルビ形式の表示など英語の理解力に応じてテキストの表示形式を変更できますので、理解力と英語能力を高める工夫がなされています。

英文と日本文を見ながら、繰り返し英文を聞くことによって、英語耳と言える能力が開発され、以前は雑音にしか聞こえなかった英文がはっきりと聞こえ理解できるようになります。

それほどの努力をすることなく、自然に英語が身に付いてきます。
だまされたと思って試してみて下さい。

1コース 3分から15分程度の英文朗読データが収められています。
それが48コースに分かれています。
総朗読時間は4時間近くに及びます。
日本文と英文が併記されていますから、英文の意味を理解しながら、英語耳を養成することが出来ます。

繰り返し耳を傾けるとき、英文をはっきりと認識できるようになり、英語を理解する大きな助けになるでしょう。





ご購入はこちら


英語ソフトの特長






機械音声の発音ではなく、ネイティブな発音を聞ける 
 アメリカ人が上手に朗読しています。自然な発音を聞き理解できるようになります。 
 音痴な歌を聞いてあなたは歌がうまく歌えるようになりますか。日本人が英語をうまく話せないのは、英語を学ぶとき発音が下手な英語教師から学ぶからです。
 アメリカ人が話している自然な英語を聞きましょう。それをあなたの頭脳にインプットして下さい。
 単元は48。各単元の収録時間は約5分。総収録時間は200分以上! 何度も繰り返し聞くことによって、英語耳が出来るようになり、英語の言葉が自然に脳裏に浮かんでくるようになるでしょう。



英語、日本語 同時表示 あるいは 英語のみ 日本語のみ ルビ形式の表示 と言った多彩な方式で英語を学べる
 英語をただ聞いていれば英語を話せるようになる といったことはありません。
 英語を理解できないなら、それは単なる雑音、音にすぎません。
 それを何百時間聞こうが意味はありません。私たちは英語を聞いてそれを理解しなければなりません。
 そのための方法は英文を見ながら理解を深めていくことが大事です。
 日本語を学んだときも同じではないでしょうか。
 小学校で本を読み理解を深めながら語彙を増し加え、自由に読み書きできるようになったのではないでしょうか。
 英語も同じではないでしょうか。英語で読み、聞き、理解し、語彙を増し加えることによって、ついには自由に読み書きできるようになるのです。



欧米人の考え方を学べる
 学ぶテキストは世界で最も優れた書物である聖書、それも分かりやすい新約聖書を中心としています。
 日本人の考え方に大きな影響を与えたのが仏教や儒教であるとするならば、欧米人の考えに大きな影響を与えたのがキリスト教です。
 その真髄を学ぶには何より聖書に親しむことが重要です。聖書を理解することによって欧米人の背後にある思想を理解することが出来、外国人と円滑なコミュニケーションをはかる上で役立つでしょう。
 そして何よりも聖書の思想を学ぶことは、私たちの生き方にも大きな影響を及ぼし、人格を向上させ、正しい考え方を養い、人間関係を改善するヒントを得、私たちを真の幸福へと導きます。
 アメリカの大統領であったアブラハム・リンカーンは「聖書は神が与えて下さった最良の贈り物である」と述べています。
 聖書は古くから神の言葉として知られ、その価値は有識者によって高く評価されており、人間として最も学ばなければならない教育であるといえるでしょう。




ご購入はこちら

特商法による表示  ご購入